« LP-M5500Zの接続 | トップページ | Acronis True Image がインストールできない »

2006年4月28日 (金)

Acronis True Imageでバックアップできない

Box_2 本日のお客さんは何度か呼んでいただいたことのあるお客さんで富士通のDeskPower FMVC24WCM WinXPです。

お使いになっているAcronis True Image 7.0でバックアップが出来なくなったとの事。実はこのAcronis True Imageはお客さんにバックアップソフトを尋ねられて私が紹介したものです。理由は操作が簡単な事と起動しなくなったときはCDブートで起動しマウス操作で復元出来るからです。

ソースネクストが税込み\1.980-のAcronis True Image Personalを出していますがいろいろと制限があり、起動しなくなったときはCDブートで起動してもUSBの外付けハードディスクにイメージを保存していた場合USB機器が認識できず復元出来ないそうです。

まさにこのお客さんはUSBの外付けハードディスクにバックアップを取っておりました。

ところが突然エラーメッセージが出てイメージの作成が出来なくなったそうです。

お電話でお聞きしたときはハードディスクが壊れたかなと思ったのですが・・・・・。

いろいろあって違うトラブルを招いてしまいました(涙)。そして結果はギブアップでした(泣)まさに万策付きました(--;

まずは状況確認。

True Imageを起動してイメージの作成ボタンをクリックすると。

E00640068:スケジュールされたタスクを作成できませんでした

スケジュールされたタスクを作成できませんでした。エラー#1722-”RPC  サーバーを利用できません。

Era

これはおそらく「サービス」「Acronis Scheduler2 Service」が無効なっているからでしょう。以前わたしも同じ症状に遭遇しました。

「コントロールパネル」から「サービス」を開いて確認。

やはり「Acronis Scheduler2 Service」が無効になっていました。

Photo_12

これを開始に戻してもう一度イメージの作成をクリック。

「今日はこれで終わりだ~」と思っていると。

途中まで順調に進みましたがCドライブのイメージ作成段階でまたもやエラーが出ました。

現在実行中のアプリケーションが使用しているか、不正なセクタを含んでいるため、論理ドライブ C:のイメージを作成できません。

Photo_13

何ですとぉ~?

不正なセクタを含んでいる・・・。

やはりハードディスクにエラーがあるんですか・・・?

とりあえずハードディスクのチェックの前に「現在実行中のアプリケーションが使用しているか・・・」とありますのでタスクマネージャーからアプリケーションをチェックしてみましたが実行中のアプリケーションはありません。

あと思いついたのは他のアプリケーションが邪魔をしている可能性があります。特にアンチウィルスソフトなどシステムを監視しているソフトや同じようなバックアプソフトが共存している場合がそれにあたります。

マニュアルを見てみるとこんな内容がありました。

Easy CD Creatorバージョン4.xおよび5.0を使用すると、製造元のRoxioがサポートを終了しているTake Twoバックアップユーティリティーの旧バージョンが自動的にインストールされます。Acronis True Image 7.0では、このユーティリティを検出すると、イメージの作成を開始するときに次のメッセージを表示します。

「現在実行中のアプリケーションが使用しているか、不正なセクタを含んでいるため、論理ドライブ C:のイメージを作成できません。」

まさに同じエラーなのですがこのPCにはEasy CD Creatorなど入っておりません。

「msconfig」でTrue Image 関係以外のスタートアップ、サービスを停止してみました。

しかし、やはり上記のエラーでイメージの作成が出来ません。

そこで思いついたのが緊急レスキューディスク

Acronis True Image は製品CDから起動してイメージの作成が出来るのです。これで作成できればWindows上で作動しているアプリケーションが干渉している事になりますし、逆に作成できなければ間違いなくハードディスク自体の問題でしょう。

お客さんはダウンロード版を購入されていたので製品CDはありませんが緊急レスキューディスク作っておられたようです。賢明です(^^:

そこで緊急レスキューディスクを使ってCDブートで作成してみました。

しかし・・・・。

やはり結果は同じエラーで作成できません。ハードディスクのエラーが決定的です。

進行状況を見ると「実効」ボタンを押した後、いつも2目盛りぐらいで止まってします。他のアプリケーションの干渉によるものだと実行後進行せずすぐにエラーが出るはずですが、2目盛りぐらいで止まっていることからズバリ、ハードディスクのその場所でエラーが出てしまうのでしょう。

という事で心置きなくCドライブのチェックディスクを実行しました。結果は・・・・・。

何のエラーもありません(@@;

念のためもう一度チェックしましたがやはりエラーは出ず。

ならばとDドライブもチェックしましたがやはり問題ありません。

「何で??」

試しに「Ultimate Boot CD」でハードディスク自体のチェックをして見ましたが・・・・。やはり問題ありません(涙)。どうせならエラーが出てくれたほうがはっきりするのですが・・・。

そこで保存先の外付けUSBハードディスクをチェック。

うわぁ~(◎◎;

山のようにエラーが出ます。外付けハードディスク決定です。

Acronis True Imageはイメージの作成の際に全てのドライブのチェックを行います。上記エラーの場合はCドライブ破損の可能性が高いですが、今回のような接続されているハードディスクのうち1つでも不正なセクタがあると出るメッセージのようです。

お客さんに説明して外付けハードディスクは諦めてもらうことにしました。

外付けハードディスクを取りはずし今度はDドライブにイメージを作成することにしました。

すると・・・。

「んっ!?」

イメージの作成段階でメッセージは違えど同じようなエラーメッセージ

E000101F4:ディスクからのデータの読み出しに失敗しました。

ハードディスク2のセクタ0を読み出しに失敗しました。

Era2

ハードディスク2って?外付けハードディスクの事かい?外付けハードの情報がまだ残っているって事?それともDドライブ?どっちにしろセクタ0って!?嘘くさいな~(--;

取り合えず「無視」して進めると何とかバックアップ出来ました。

何のエラーだったんでしょう?

よく分かりませんがキレイさっぱり再インストールしてみよう(^o^)

という事でAcronis True Imageをアンインストールしました。

すると・・・・。

余計にこじらせてしまいました・・・・

長くなるので残りは次回にまわします(--;

|

« LP-M5500Zの接続 | トップページ | Acronis True Image がインストールできない »

コメント

お疲れ様です(^^;

私もこのソフト使ってますが、メンテ用としてWindows2000で使ってます。よく考えたらXPででは使ってないような…。
で、一つ言えることは、

「バックアップ先のメディアはあらかじめデフラグしておくこと」

これに尽きます。
これをやらずにバックアップしたのとやってバックアップしたのとでは、なぜか後者はエラーが出ません。
まぁ理屈ではなんとなくわかりますし、その方がスムーズなのは間違いないので、私はバックアップ前にはそうしています。
ご参考まで。

投稿: ささもと | 2006年5月 2日 (火) 16時56分

ささもとさまコメントありがとうございます。
>「バックアップ先のメディアはあらかじめデフラグしておくこと」
なるほどですね。ドライブの断片化は気にしていませんでした(^^;
貴重な情報ありがとうございました。
まさに万策つきていたところです。今後の参考にしたいと思います。ありがとうございました。

投稿: EDO | 2006年5月 2日 (火) 21時29分

私も急に同様に動かなくなってしまいました。昨日以降に行なったことは、Windows UpdateとMS-Projectの新規インストールです。どちらも怪しそうですが、今更どちらが問題なのか、あるいは別なのかは特定できそうにありません。

そうこうしているうちに、メーカーのFAQに回答があるのを見つけました。

http://www.proton.co.jp/cgi/faq/faq.cgi?mode=view&no=130

■Acronis True Image 7.0
Q:Windows上でTrue Imageのイメージ作成をした際に、エラーでイメージ作成ができない

A: True ImageのSnapAPIモジュールのアップデートをお試しください。

これで手元のマシンでは動くようになったようです。ただし、なぜか、SnapAPIモジュールのアップデート作業を二回やる必要がありました。一回では、TrueImage起動時に「snapapi.dllが見つかりません。」といって動かなくなりました。試しにもう一回SnapAPIモジュールのアップデートを行なったら動くようになりました。

ご参考まで。

投稿: | 2006年11月16日 (木) 17時06分

名無しさんコメントありがとうございます。
有効な情報ありがとうございます。記事のトラブルは結局リカバリしてしまいましたので実践出来ませんが、また同じトラブルに遭遇したら試してみたいと思います。
Acronis True Imageのようなソフトは他のソフトとの相性もあるので、結構この手のトラブルは多いみたいですね。

投稿: EDO | 2006年11月16日 (木) 21時18分

上でメーカーのFAQを紹介した者です。

後日談ですが、この方法では完全には解決したわけではありませんでした。
確かに、一度はバックアップできましたが、また、同じエラーになってしまいました。SnapAPIモジュールのアップデートを何度か繰り返すとまたバックアップが実行できるようになりますが、まったく実用的ではないです。
7.0なんか使っていないで、最新版にしろ、ということですかねぇ。

投稿: | 2006年11月21日 (火) 16時56分

名無しさんコメントありがとうございます。
改善されたように見えて改善されてないのはPCトラブルではありがちですね。
自分ではVer9を使用しているのですが記事のようなトラブルは発生していませんのでもしかしたらVer7で発生しやすいトラブルなのかもしれませんね。
ハードディスクの問題ではなければCD起動で問題無くバックアップ出来ますのでお客さんにはそうしてもらっています。

投稿: EDO | 2006年11月21日 (火) 21時23分

すごく古い話で恐縮です。
上記のコメントをしたものです。
なんとかだましだまし使っていましたが、
先日、Acronis True Image 10に
アップグレードしました。

結果は惨敗です。だまされなくなり(?)
まったくダメです。

メーカに問合せ、何度かやりとりしたところ、
DiskX Tools Ver.10との相性で、
これをアンインストールしたら問題なく
動くようになりました。

DiskX Toolsの方はレジストリの掃除に
使っていたのですが、それはフリーウェアを
使うようにしました(EasyCleaner、
CCleanerといったあたり)。

以上、その後の顛末でした。

投稿: | 2007年10月24日 (水) 17時47分

Acronis True Imageは常駐ソフトによって不具合が出るようですね。
レジストリの掃除であればフリーでも十分だと思います。
優秀なソフトがいっぱいありますからね。

投稿: EDO | 2007年10月29日 (月) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Acronis True Imageでバックアップできない:

« LP-M5500Zの接続 | トップページ | Acronis True Image がインストールできない »