« USB接続の不具合 | トップページ | リカバリ後、メールの送受信が出来ない »

2006年4月20日 (木)

毎回セーフモードで起動してしまう

3109993622000_1 本日のトラブルはIBM NetVistaA20 Win98をお使いのお客さんで起動すると画面がいつもと違うと言うのです。よーく聞いてみると、どうやらセーフモードで起動しているようです。

簡単な不具合だと何度か再起動すれば直るので、

「再起動しても直りませんか?」

とお聞きすると

「2日前から何度も再起動しているけど直らないんです」との事。

これではそんなに簡単では無さそうです。

という事でお伺いしました。

このNetVistaA20は以前、事務機屋にいた頃にIBMと代理店契約をして結構売った商品だったのですごく懐かしかったです(^^

見てみると確かにセーフモードで起動しています。何度か再起動しましたがやはりセーフモードに入ってしまいます。

この現象は拡張機器などを増設した後によく出るトラブルですが、その時は一度ドライバをアンインストールしてもう一度入れ直せば大体は直ります。

しかし、お客さんにお聞きすると特に機器を増設した事もなく突然こうなった、と言うことです。

そこでmsdos.sysファイルを開いてみました。

「スタート」→「検索」で「msdos.sys」と入力して検索します。(起動ドライブのルートにあります。)

見つかった「msdos.sys」を右クリックして「読み取り専用」と「隠しファイル」のチェックを外します。

メモ帳で開くと[Options]の項目に「Bootsafe=1」という行がありました。実はこの行がある時はセーフモードを繰り返します。そのまま「Bootsafe=1」を削除して上書き保存します。

その後、「読み取り専用」と「隠しファイル」のチェックを戻して再起動。

すると見事通常モードで起動しました(^o^)v

最近はWinXPのトラブルが多いのですが、やはりW98のトラブルもまだまだありますねぇ~。

|

« USB接続の不具合 | トップページ | リカバリ後、メールの送受信が出来ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185928/11325948

この記事へのトラックバック一覧です: 毎回セーフモードで起動してしまう:

« USB接続の不具合 | トップページ | リカバリ後、メールの送受信が出来ない »