« 外付けハードディスクのデータを取って欲しい | トップページ | 「ウインドウズアップデート」で更新プログラムが導入できないときは »

2006年5月 5日 (金)

見馴れないファイルを削除したら起動しなくなりました。

本日のお客さんはPCが起動しなくなったのでデータだけでも取り出して欲しいとの事。

PCは自作のWinXPです。

お聞きすると突然見慣れないファイルがあったので削除したら起動しなくなったとの事。

データの取り出しはいつでも出来るので何とか起動できないかやってみる事にしました。

現象を確認するとBIOS画面の直後カーソル点滅で止まります。

セーフモードではどうかと「F8」連打してみますがWindows 拡張オプションメニューにすら入れません。

390_1 ←こんな画面

これはもしかして・・・・。

BIOSでハードディスクは認識しています。

回復コンソールからMBRの修復をしてみようかと思いましたが「ファイルを削除した」というのが気になります。

どんなファイルを削除したのかお聞きしましたが「よく覚えていない」との事。

どこのファイルを削除したかとお聞きすると、どうもCドライブのルートに見たことのないファイルがあってそれを削除したらしいです。

「それってもしかして半透明なファイルじゃなかったですか?」

「そうそう!何かお化けみたいで気持ち悪いファイルでしたよ」

お化けって・・・(笑)

それはシステムファイルを削除したのではないでしょうか?

Photo_49

Cドライブのルートには「ntldr」「boot.ini」などのOSを起動する際に最初に読みに行くファイルがあります。当然このファイルを削除すると起動しませんし、「Windows 拡張オプションメニュー」にも入れません。詳しくはこちら「マルチブートの仕方(Windows初級)」

しかし、通常これらのファイルは隠しファイルになっていて「フォルダオプション」から表示する設定にしない限り表示はされません。お客さんにお聞きしましたが「そんな設定はしていない」らしいのですが・・・・。

何やらお聞きするとそのファイルが表示する前に友人が「Winny」を入れて行ったようです。(--;

その後、見たこともないファイルがCドライブ直下に出来ていたので「ウィルスに感染した!!」と思いそれらを削除したらしいのです。

その友人に電話して事情を説明すると「リカバリしかない」と言われて何とかデータだけでも救いたいという事で私に電話してきたらしいのです。

何となく分かりました。

おそらく、その友人が「Winny」を入れていった際に隠しファイルを表示する設定にして、戻すのを忘れたのではないでしょうか??

「リカバリしかない」と即答するあたりが怪しいんですが・・・。

とにかく、確認するために「緊急起動ディスク」を使ってみることにしました。

緊急起動ディスクとはOSを起動するために必要なファイル(ntldr,NTDETECT.COM,boot.ini.bootfont.bin)をフロッピーに保存したディスクです。

フロッピーから起動してフロッピー内のこれらのファイルを経由して起動するのでハードディスクにこれらのファイルがない場合や破損している場合はこれで起動できます。

これで起動できる場合はこれらのファイルの問題が確定です。

早速、常備している緊急起動ディスクで起動しようとしましたが、やはりこのPCもフロッピーがついていません(--;

最近はフロッピーが内蔵しているパソコンはほとんどありませんねぇ~(^^;

外付けUSBフロッピードライブも持っていたのですが、今回は以前作った「CDブートの緊急起動ディスク」を使ってみました。

昔作っておいた物ですけど使ったのは今回初めてです(^^;

CD-ROMを入れていざブート!

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おっ!!起動しました!

Cドライブを見てみるとやはりきれいに無くなっています(^^;

「フォルダオプション」を確認するとやはり表示する設定に変わっています。

という事で、手持ちのWindowsXPのCDのI386フォルダから削除されたファイルをコピーしてやりました。

緊急起動ディスクがない場合は回復コンソールでややこしいCOPYコマンドを入れてやらないといけませんが、これがあるとWindowsが起動しますのでコピーも楽ですね(^^

そこでお客さんが「他にもファイルがあったと思うんだけど・・・。」と言いました。

確かにntldr,NTDETECT.COM,boot.ini,bootfont.binの他にIO.SYS,MSDOS.SYS,CONFIG.SYSなどもありますが、これらは9x系のファイルでXPには必要ありません。ファイル自体も0KBで空っぽですしなぜこれらのファイルも入っているのか分かりません。謎です・・・。

そしてファイルをコピーしていざ再起動!!

んっ!?

起動はしましたが一瞬「無効なboot.iniです・・・。」ですって。

boot.iniを忘れていました(^^;

boot.iniはXPのCDには入っていないので回復コンソールで再生するか自分でメモ帳を使って打ち込まなければいけません。

今回は自分で作ってみました。

常備している「トラブル閻魔帳」にboot.in.ファイルの書式を控えてあります。

メモ帳を起動して以下を入力

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition" /fastdetect

boot.iniの書式はデュアルブートなどをしていない場合は基本的にはどのパソコンでも同じです。

後は保存の際に拡張子のtxtをiniに変更して完了です。

今度は問題なく起動します。

アプリケーションをいろいろ起動してみましたが問題ありません。

念のためウィルスのチェックをして見ましたが問題ありません。

NortonAntiVirusが入っていましたが「Winny」はねぇ~(--;

大丈夫だと思いますがもし使えないアプリケーションなどが出たら再インストールしてみてください。と言って本日は終了です。

でも今回のお客さんは半分その友人の責任でもありますからちょっとかわいそうでしたね(^^;

|

« 外付けハードディスクのデータを取って欲しい | トップページ | 「ウインドウズアップデート」で更新プログラムが導入できないときは »

コメント

おお~すごいですね~。
boot.iniを手打ちするなんてのは経験ないですね(^^;

緊急起動ディスクって、「痛い目」にあったことがないので、作ろうとも思ったことがないです(笑)。
なるほど、こういう時に使うものなんですね。
以前、元いた会社の経費でWindowsNTの講習を受けたことがありますが、これはやりませんでした。
「やっておけ」と言われたような記憶もなきにしもあらずですが。
作っておいた方がよさげですね…。

投稿: ささもと | 2006年5月 6日 (土) 14時31分

ささもとさまコメントありがとうございます。

boot.iniを手打ちしたのは迷いましたが回復コンソールで修復するより確実かなと思いまして。アナログなものですから(^^;

>緊急起動ディスクって、「痛い目」にあったことがないので

おっしゃるとおりですね(笑)自分も何台も起動トラブルのPCを見てきましたが、これらのファイルが原因で起動しなかったのは今回が初めてです。(しかも、今回はある意味故意に削除した)
ほとんど使ったことがないのでお守り程度の気持ちで常備しています(^^;

投稿: EDO | 2006年5月 6日 (土) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185928/11325963

この記事へのトラックバック一覧です: 見馴れないファイルを削除したら起動しなくなりました。:

« 外付けハードディスクのデータを取って欲しい | トップページ | 「ウインドウズアップデート」で更新プログラムが導入できないときは »