« 「ウインドウズアップデート」で更新プログラムが導入できないときは | トップページ | メッセージボックスのメッセージをコピーする。 »

2006年5月 8日 (月)

「strike F1 to retry boot, F2 for setup utility」で起動できません。

News20010828_t01_01_1本日のお客さんはDELL Dimension8100 WinMeです。

何やら前日まで問題なく使っていたらしいのですが、翌日急にエラーメッセージが出て起動できなうなったそうです。

最近起動トラブルが続きます(--;

とにかくお伺いして症状を確認してみると確かにBIOS起動直後に以下のエラーメッセージで止まります。

Primary hard disk drive 0 failure
No boot device available
No bootable devices--strike F1 to retry boot, F2 for setup utility

初めて見たメッセージですが、どうもハードディスクがダメになったっぽいようなメッセージです。

とりあえず指示通り「F1」キーを押してもやはり同じメッセージです。「F2」を押すとBIOSが起動します。

BIOSではハードディスクは認識しています。

試しに初期ロードしてみましたが認識しません。

ケースを開けハードディスクを繋ぎなおしてみましたがやはり変わらず。CD-ROMなど余計なものを取り外してみましたが変わりません。

やはりハードディスクのような気がします。

どちらにしろ、ここでは作業できないので付属品一式お預かりして引き取り修理になりました。

持ち帰り早速「Ultimate Boot CD」でハードディスクをチェックしました。

その間時間がかかるのでいろいろ調べてみました。

するとやはり99%ハードディスクが問題のようです。

しかし、出てくる情報がほとんどDELLのPCのでの症状でした。これってDELL独自のエラーメッセージなんでしょうか??参考:起動時に、[strike the F1 key to continue・・・]とメッセージが表示されOSが起動しない場合(Dimension8100/8200/4300/4300S)

要するにBIOSがドライブを見つけられませんでしたと言うメッセージです。ブートセクタの不具合でドライブを見つけられない場合もあるようですが、ほとんどがハードディスクの不良でしょう。

ハードディスクを交換しても直らない場合はマザーボードのコネクタ、ケーブルの問題があるようです。

そうこうしているうちに、チェックが完了しました。結果は。。。。

やはりエラーが出ました。

という事早速ハードディスクを買いに行きました。しかしハードディスクの容量は40GBです。

「40GBのハードディスクなんてまだあるんやろか?」と思いながら近くのパーツ屋さんに行きました。

するとSEAGATE製40GB ST340014Aがありました。

早速、持ち帰り新しいハードディスクに交換してリカバリ開始です。

ところが、新しいハードディスクを接続してインストールを開始しましたが同じメッセージ!

何で??と思いながらBIOSで初期設定をロードしたりドライブの設定をいじっていたら何とか認識できました。

後でいろいろ調べてみたらこんなページがありました。

>ちなみに、新しいHDDを取り付けて最初の起動時には、F2からセ>ットアップメニューに入って、
>新しいHDDを認識させてやりましょう。Dellのマシンはこの手順を>行わないと、OSのインストールはできないです。

らしいです。

あとこんなのも。

みなさんいろいろ苦労されてますね(^^;

という事で後はリカバリして終了です。

今回のようなエラーメッセージを見たのは初めてでしたが結構あるんですかねぇ~?DELLのPCばかりの情報が気になります・・・。

|

« 「ウインドウズアップデート」で更新プログラムが導入できないときは | トップページ | メッセージボックスのメッセージをコピーする。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185928/11325965

この記事へのトラックバック一覧です: 「strike F1 to retry boot, F2 for setup utility」で起動できません。:

« 「ウインドウズアップデート」で更新プログラムが導入できないときは | トップページ | メッセージボックスのメッセージをコピーする。 »