« 「LiLiLiLi・・・・」 | トップページ | 引越しで環境設定。 »

2006年11月10日 (金)

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:System32\DRIVERS\pci.sys

本日のトラブルは常連さんからのご紹介でパソコンが突然起動しなくなったと言うお客さんです。

早速お伺いして症状を確認。

ご使用PCは某パーツショップの自作PCでWinXPです。

電源を入れるとBIOS起動後以下のメッセージ。

「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:
System32\DRIVERS\pci.sys」

詳しくお聞きすると使用中にフリーズしてしまい電源長押しで強制終了してから起動しなくなったとの事です。

強制終了でシステムファイルが破損してしまったのでしょうか??あるいはハードディスクが壊れてしまったのでしょうか?そのどちらかだと思っていたのですが・・・。

取り合えずエラーメッセージを出してくれているので手持ちのメンテPCをネットに接続してそちらから情報収集してみました。

するとマイクロソフトのサポートにこんなページを見つけました。

Windows XP におけるハードウェアの破損または非互換性の問題

こちらのサイトによるとPCIデバイスの問題かメモリの問題が考えられるようです。

この場合回復コンソールを起動したり、リカバリしようとしてXPのCDから起動しようとしても以下のメッセージで起動できないようです。

File setupdd.sys could not be loaded
The error code is 4

または
File setupdd.sys could not be loaded
The error code is 7

しかしこちらのサイトにはXPにアップグレードした後の症状として紹介されています。

今回の場合はもともとXPですし、この環境で今まで問題なかったようですし・・・。

ダメもとでケースを開けPCIデバイスを確認してみました。

PCIデバイスは特に接続されていません。

そこでメモリを確認。256MBのメモリが2枚装着されていました。そのうち1枚を外して起動してみましたがやはり起動しません。

1枚をスロットに戻してもう1枚を外して起動してみました・・・。

何と起動しました。

今までメモリ不良が原因の起動トラブルの場合BIOSすら起動しないケースが殆どだったので今回のようなケースは初めてでした。

しかし、もう一度問題のメモリをスロットに戻してやると・・・。

問題なく起動します(--;どう言う事でしょうか??

Windows上でも、しっかり認識していますし・・・。

Memtest-86で簡単にメモリーテストしてみましたがエラーは出ていません。

念のため別のスロットにメモリを戻して、しばらく様子を見てもらうことにしました。

これでまた症状が出るようでしたらメモリ買い替えでしょう。

パソコン修理の仕事をしていると今回のように訳の分からない事が結構ありますね。

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

|

« 「LiLiLiLi・・・・」 | トップページ | 引越しで環境設定。 »

コメント

メモリー増設は昔しただけなのですが
最近新しく買ったパソコンを増設して
余りのメモリーを古いパソコンに使おうと
古いパソコンのメモリーを外してみたりしてました。
(結局型が合わず使えませんでしたが。)
数日後にまったく上の内容と同じエラーが
出ました。

起動ディスクがどうのとか
データの破損とか色々と書かれて
結局面倒なのでリカバリーしかないのかな。
と思って新しいパソコンで
System32\DRIVERS\pci.sys
を検索したところ、この情報にたどり着きました。

自分もメモリーを2枚刺していたところを
1枚にして刺しなおしてみたら
みごと起動しました!

しかし2枚で刺しなおすと
また前の状況になったので
どのメモリーかスロットが悪いのか
確認するため、1枚づつスロットを移動させて刺してみましたが、
全部のパターンで起動してしましました。

結局また2枚刺しにしてみましたら
起動してしまいました。

いったいなんだったのだろうという感じです。

もしかすると
増設の際のメモリーの刺し方に
なにか問題があったのかもしれませんね。
それが数日後に現象が出てしまったのかも!?

この情報のおかげで
リカバリーせずに助かりました。

ありがとうございます。

投稿: fukusukez | 2007年11月17日 (土) 23時07分

fukusukezさんコメントありがとうございました。
エラーメッセージからすると、すぐにシステムファイルの破損かハードディスクの劣化を疑う所ですがメモリの差し替えで直るとは・・・。
やはりエラーを検索してみる事は必要ですね。
意外な情報があります。

投稿: EDO | 2007年11月27日 (火) 10時59分

色々サイトで調べましたが、どうしてもエラーとなりセットアップできませんでした。ようやくこのブログにたどり着きました。書いてある通りに従って、メモリを1抜いて、パソコンを起動したら見事にWin-XPが起動できました。有り難うございます。さすが、プロだと感心しました。本当に有り難うございます。

投稿: daidai | 2008年8月23日 (土) 16時09分

HDDを取り外して、無理やりpci.sysをコピーしたりしましがただめで、まさに書かれている通り、メモリーを一枚抜いて、WindowsXPを起動し、外してあったものを差して、再度起動すると今まで通り動きました。

ありがとうございました。

投稿: hikomushi | 2008年9月 2日 (火) 14時45分

感動してます~~~!
メモリ清掃で直りました!!!
私は同業者ですが・・・(^^;)
まったく同じエラーが出て、困っているPCのサポートに出かけ、調べているうちに、このページに辿り着きました。感謝、感謝です。
縦置きの下部にメモリがあるタイプで、けっこうホコリが乗っていたので、もしや??と思い、清掃&挿し直しで無事起動しました。
本当にありがとうございました。
PCRサービスさんのますますのご活躍をお祈りいたします。

投稿: shimizu | 2008年10月30日 (木) 19時48分

私も突然XPが起動しなくなりGOOGLEで検索をかけてここにたどり着きました。

「そんなバカな・・・」と疑いながら、増設したメモリを1枚外して起動すると・・・

何事もなく起動!
外したメモリを元に戻しても起動します。

なんと不思議な現象でしょうか。
情報公開していただいてありがとうございます。

投稿: MOTOKI | 2009年3月12日 (木) 01時03分

MOTOKIさんコメントありがとうございます。
ファイルがどうとか言ってますので普通はメモリは疑わないでしょうね。
かなりコメントを頂くので結構多いトラブルのようですね。
ちなみに私はこの時一度だけです。

投稿: EDO | 2009年3月13日 (金) 16時39分

こんにちは♪
まったく同じ症状がでていたため助かりました^^
XPのOSインストールCDで修復 KUNOPPIXをいれまいたが
File setupdd.sys could not be loaded
The error code is 4
または
File setupdd.sys could not be loaded
The error code is 7
がでたため困っていました
パソコンを開けてpciには問題がないことを確認し古いDDRSDRAM266メモリをはずして元に戻したら起動しました!
システムファイルの故障かと思ってリカバリしようとしてたところで本当にたすかりました

投稿: rurio | 2009年8月11日 (火) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185928/12734262

この記事へのトラックバック一覧です: 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:System32\DRIVERS\pci.sys:

» WindowsXP起動時にエラー [システム開発の備忘録]
せっかくの休みなのでがっつり勉強というか仕事しよう!と思っていたのですが、ある人(以下知人)から電話が。 知「Windowsが起動しなくなっちゃったんだけど・・・」 俺「起動時にどういうメッセージが出てます?」 知... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 17時55分

» 壊れた・・・と思ったら。 [緋色のつぶやき]
先週末にPCを立ち上げようとしたら・・・Windowsが立ち上がらず。(>___ [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 23時49分

« 「LiLiLiLi・・・・」 | トップページ | 引越しで環境設定。 »