« 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE | トップページ | トナーがなくなりました?プリンターが印刷しません。 »

2007年2月 4日 (日)

Windows Vistaようやく導入。

Photo_51WindowsVistaが発売されて5日が経ちましたね~。

本日は遅ればせながらようやくメインPCにVistaをインストールしてみました。

Ultimateの32bit版を予約して30日には手元にあったのですがいろいろ忙しかったので本日のインストールになりました。

去年からRC1などをインストールしていたのですが、最終版ではない事から殆ど触っておりませんでした。

メインPCにいきなりVista導入は怖いのでXPとのデュアルブートで使っています。

普通に使っている分にはXPで十分なのですが、こういう仕事をしているとそういう訳にもいきませんからね~(^^;

お気に入りや、メールアカウントの移動も終わりいろいろ触っていますが、デザインも変わりXPで使っていた機能がどこにあるのか探すのが大変です。徐々に慣れていきたいと思います。

Vistaの新しい機能で「WindowsReadyBoost」があります。USBメモリやSDカードを物理メモリのように利用できる機能です。実際の物理メモリと違うところは、あくまでもSuperFetchのキャッシュとして利用することです。ハードディスクから読み出すよりもUSBメモリなどから呼び出すほうが速いという事ですが・・・。

256MBのUSBメモリが転がっていたので実際に使ってみました。

[リムーバブルディスクのプロパティ]から[ReadyBoost]タブをクリック。 キャッシュに使用する領域を選択して適用。これで終わりです。

1_4

実際にこのブログを書いている時もUSBメモリはちかちかアクセスランプが点滅しています。

速くなったと言われればそうですが、変わらないと言えば変わりません・・・。

やはり256MBではこの程度なんでしょうか?

もっと大きなUSBメモリを使うと違うのかも知れませんね(^^;

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

|

« 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE | トップページ | トナーがなくなりました?プリンターが印刷しません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vistaようやく導入。:

« 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE | トップページ | トナーがなくなりました?プリンターが印刷しません。 »