« STOPエラー:0x0000007Eが頻発。 | トップページ | Windowsロゴで再起動。 »

2007年10月19日 (金)

メールデータが消えました。

本日のトラブルは以前一度呼んで頂いた法人さんからのご依頼です。

昨日まで問題なかったのに今日突然メールの送受信データ、アドレス帳、メールアカウント全てが消えてしまって初期化されたとの事です。

メールデータはともかくアドレス帳には50件近く登録してあったので何とか復元して欲しいとの事です。

なぜ消えてしまったのかは不明ですがとにかくお伺いしました。

問題のPCは自作パソコンのWin2000です。

Outlook Expressを起動して確認してみると確かに受信フォルダ、送信済みフォルダなどには一切メッセージが残っていません。アドレス帳も確認しましたが全て消えてしまっています。

メールのデータファイルは通常下記のフォルダに保存されています。

Documents and Settings/ユーザー名/Local Settings/Application Data\Identities/{xxxx-xxxx-xxxx-xxxx}/Microsoft/Outlook Express

このフォルダ内の拡張子*.dbxのファイルがメールデータです。

フォルダを開いてファイルの作成日を確認すると日付が今日になっています。どうやら本当に初期化されてしまったようです。

試しに一度全ての*.dbxファイルをデスクトップに移動させてOutlook Expressを起動して*.dbxファイルを再作成。もう一度Outlook Expressを終了して再作成された*.dbxファイルに移動させておいた*.dbxファイルを上書きコピーしてみました。

しかし結果は変わらず。*.dbxファイル自体が初期化されてしまったようです。

次に初期化される前の*.dbxファイルが残っていないか検索してみました。

すると別のユーザーアカウントのフォルダに*.dbxファイルがあるのが分かりました。

複数アカウントで使用しているのかと思いましたがお客さんに確認するとアカウントは1つで作成した覚えも無いとの事。

*.dbxファイルの作成日を確認してみると今年の1月になっています。どうもこれっぽいですね。

検索で見つかった*.dbxファイルを既存のアカウントのフォルダに上書きコピー。

見事にメールデータが復活しました。

アドレス帳もあったので同様にコピーするとアドレス帳も復活しました。

メールアカウントだけはどうしようもないので再度手動で作成して完了です。

なぜ消えてしまったのか原因は分かりませんが、もしかしたらメールデータの最適化されたのが原因かもしれません。

メールのデータが溜まってくると最適化を促すメッセージが表示されます。

ファイルを圧縮して整理してくれますがその際に時々メールデータが消えてしまう事がたまにあるそうです。

今回もそれが原因だったのかもしれません。

しかし無事データは復元出来ましたので本日は結果オーライです。

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

|

« STOPエラー:0x0000007Eが頻発。 | トップページ | Windowsロゴで再起動。 »

コメント

フォルダの最適化中にメールの送受信を行うとメールのデータが消える(初期化)してしまうそうです。

投稿: HERO | 2007年12月13日 (木) 21時58分

HEROさんコメントありがとうございます。
なるほど、そういう原因があったのですね。
勉強になりました。

投稿: EDO | 2007年12月30日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メールデータが消えました。:

« STOPエラー:0x0000007Eが頻発。 | トップページ | Windowsロゴで再起動。 »