« 消えないアダルトサイトの請求画面 | トップページ | hal.dllが読めない為起動しません。 »

2011年6月10日 (金)

詐欺ソフト「WindowsXP Recovery」の駆除。

本日のトラブルは最近猛威を振るっていると思われる詐欺ソフト「WindowsXP Recovery」の駆除です。

お持込みのご依頼で問題のパソコンはNECのノートPC WinXPです。

電源を入れるといきなり画面に「WindowsXP Recovery」の画面が表示されてしばらくすると問題があると警告を発します。

感染経路は不明ですが最近多いトラブルです。

このソフト自体が詐欺ソフトで問題の無いパソコンでも警告して入金を促すもの。

早速駆除開始です。

万が一(ハードディスク不良など)の為にデータを失わないようにハードディスクを取り出してメンテPCに接続。

ハードディスクの簡易テストをして問題ない事を確認してから一旦ディスク全体のイメージバックアップを作成。

その後メンテPCからハードディスク丸ごとウィルススキャン。

この過程でいくつかのウィルスを駆除してくれました。

スキャン終了後ハードディスクを元に戻して起動。

取りあえず「WindowsXP Recovery」の画面は起動しなくなりました。

ところがデスクトップのアイコンが全く表示されません。

それとタスクマネージャが起動しません。

デスクトップのアイコンはデスクトップを右クリックから「アイコンの表示」設定でアイコンを非表示に出来るのですが今回はそれでは無さそう。

ウィルス感染した場合レジストリを書き換えられて様々な制限がされてしまいます。

レジストリを調べてみるとやはりデスクトップアイコンとタスクマネージャが非表示に設定されていました。

ウィルスの駆除自体はウィルススキャンで出来る場合もありますが変えられたレジストリまでは修復してくれません。

なのでこのような場合は手動での修復となります。

レジストリを正常に戻して再起動。

するとデスクトップアイコンやタスクマネージャも表示出来るようになりました。

その後HijachThisでログチェックしてみるとレジストリの起動項目にウィルスの残骸を見付けましたのでそのままFix.。

その後再発防止の為にシステムの復元の復元ポイントを削除。

インターネット一時ファイルやTMPファイル、「WindowsXP Recovery」のショートカットアイコンも削除。

その後インターネットに接続してしばらく様子を見ましたが問題無さそうです。

今回の「WindowsXP Recovery」はVistaや7版もあるようなのすが作業工程自体はそれほど変わらないでしょう。

これらの詐欺ソフトが入ってしまった場合は別のウィルスにも感染している可能性もありますので早めの駆除が必要ですね。

※現在詐欺ソフトの駆除お受けしております。

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

石川県内はもちろん全国宅配修理も行っておりす。

パソコン修理・トラブルサポートはPCRサービスまで!!

|

« 消えないアダルトサイトの請求画面 | トップページ | hal.dllが読めない為起動しません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺ソフト「WindowsXP Recovery」の駆除。:

« 消えないアダルトサイトの請求画面 | トップページ | hal.dllが読めない為起動しません。 »