« hal.dllが読めない為起動しません。 | トップページ | 「WindowsXP Recovery」などの駆除賜ります。 »

2011年6月15日 (水)

詐欺ソフト「WindowsXP Restore」の駆除

O0750050311278803063_2

本日のトラブルは先日も記事で紹介した「WindowsXP Recovery」のちょっと名前を変えた「WindowsXP Restore」の駆除です。

問題のパソコンは富士通のノートPC WindowsXPです。

電源を入れて起動するとデスクトップにアイコンは表示されず「WindowsXP Restore」の画面が起動します。

しばらくするとエラーを出して修復するように促されます。

殆ど前回の「WindowsXP Recovery」と同じようです。

とりあえず前回同様に駆除していきます。

http://pcr-s.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/windowsxp-rec-1.htmlハードディスクを取り出してメンテPCに接続。

そこから直接ハードディスク内をウィルススキャン。

前回はこの段階で感染ファイルを駆除してくれましたが今回は感染ファイルは見付かりませんでした。

まだメーカーのパターンファイルが追い付いていないようです。

ハードディスクを戻して見ると当然症状は治まっていないので手動駆除となりました。

HicakThisを起動してログを確認してみると起動項目に該当ログを発見。

「Application Data」フォルダ内のプログラムを起動するようになっております。

そのログをFix。

その後再起動。

取りあえず「WindowsXP Restore」は起動しなくなりました。

その後「Application Data」内の起動プログラムと同日時に作成されている関連プログラムを削除。

次に規制されているデスクトップのアイコン表示とタスクマネージャの表示をレジストリから修復して再起動。

デスクトップのアイコンとタスクマネージャも表示されるようになりました。

あと気になったのがアカウント内のデスクトップやお気に入り、マイドキュメントなどのフォルダが全て隠しフォルダ設定になっておりました。

これも「WindowsXP Restore」の仕業でしょうか?

フォルダ設定を表示設定に戻して、後はシステムの復元ポイントを削除。

これで駆除完了です。

最近これらの駆除作業が相次いでおります。

やはり最近流行のトラブルのようですね。

現在詐欺ソフトの駆除お受けしております。

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

石川県内はもちろん全国宅配修理も行っておりす。

パソコン修理・トラブルサポートはPCRサービスまで!!

|

« hal.dllが読めない為起動しません。 | トップページ | 「WindowsXP Recovery」などの駆除賜ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺ソフト「WindowsXP Restore」の駆除:

« hal.dllが読めない為起動しません。 | トップページ | 「WindowsXP Recovery」などの駆除賜ります。 »