« NEC Valuestar画面が真っ暗で起動せず。 | トップページ | 富士通 FMV-BIBLO NF/G40 画面真っ暗で起動しない。 »

2012年9月17日 (月)

東芝 Qosmio V65/86LS ハードディスクが認識しない「Insert system disk in drive」

本日のトラブルは東芝のQosmio V65/86LS。もともとは電源が入らないとの事で持ち込まれました。

電源ボタンを押しても確かに通電していません。

ランプを見てみるとコンセントマークのランプが点滅しております。

もしかしてと思いバッテリーを外してみると電源が入りました。

ノートパソコンではよくあるトラブルです。

バッテリーが原因で通電しない事があります。

ほとんどの場合は再びバッテリーを取付けても問題なく通電しますが、どうしてもバッテリーを付けると通電しない場合はバッテリー交換になります。

今回はバッテリーを戻しても問題なく起動します。

しかし新たな問題が・・・。

___5

エラーメッセージが出てWindowsが起動しません。

___1

Insert system disk in driveと出ております。

「システムの入ったディスクを入れなさい」というメッセージ。

当然Windowsの入っているハードディスクは入れてありますから無いはずはありません。

にもかかわらずこのようなメッセージが出るということはハードディスク自体がBIOSで認識していないからです。

ハードディスクが壊れた時などに出るメッセージです。

しかしこちらのお客様、半年ほど前に当社にてハードディスク交換の修理をさせて頂いております。

そんなに早く壊れるのか・・・。

もちろんハードディスクが壊れているのであれば当社では原則6カ月保障しておりますので(お客様とご相談の上中古パーツなどで対応した場合、メーカー修理となった場合は保障期間は変わります)無償交換させて頂いております。

一応BIOSで確認してみましたがやはり認識しておりません。

BIOSの初期化をして見ましたがやはり同じです。

___4

試しにハードディスクを取り出してメンテPCに接続してみるとこちらでは問題なく認識します。

SMARTテストでも特にエラーはありません。

ハードディスクが原因なのか他の原因なのか切り分けの為に一度お預かりとなりました。

ハードディスクの相性はほとんど聞いた事も見たこともありませんが念のため別メーカー製の新品ハードディスクを接続してみましたが同じメッセージで認識しません。

その状態でVistaCDからインストールを実行してみましたがインストールドライブ選択の画面では当然何も認識しておりません。

やはりパソコン側の問題のようです。

マザーボードかハードディスク接続のフレキシブルケーブルの断線か・・・。

実はこの機種普通のタイプのノートとはハードディスクの接続方法が少し違います。

通常はマザーボードの接続コネクタに直接挿して認識されていますが、このV65はフレキシブルケーブルを経由してハードディスクとマザーボードを接続しています。

写真を撮るのを忘れたので説明しづらいですが、底面のハードディスク格納カバーを外したらそこにハードディスクが入っています。そこからフレキシブルケーブルが上のマザーボード裏面に回り込むような形で入っています。

ですので隠れてしまっているフレキシブルケーブルの状態がどうなっているのかは筐体を分解してマザーボードを露出するしか確認できません。

フレキシブルケーブルが問題なのかマザーボードなのか・・・。

ながめていても直る気が全くしないのでとりあえず分解です。

底面のネジを外そうとちょうどハードディスクの格納部近くのネジを外した時、ネジを外した途端に「ビョン!」と少し底面カバーが持ち上がってしまいました。

__1_1

まるで一度分解して何かが挟まったまま無理やりネジ止めしたような感じ・・・。

よく見ると筐体の間にマイナスドライバーでこじったような跡もあります。

___31

一度分解を試みたようですね。

後でお客様に確認したところ電源が入らなくなり一度ご自分で分解しようとされたようです。しかし、完全分解には至らずそのままネジ止めされたようです。

お気持ちは分かりますがノートパソコンの分解はとても複雑な作業です。

いくつもフレキシブルケーブルが張られていますし初めて分解される方は結構な確立でケーブルを破損してしまいます。

筐体自体を外すときも自分はマイナスドライバーなどを挿してこじ開けるような事はしません。筐体はプラスチック製ですのでマイナスドライバーなどの固い物でこじ開けようとすると当然筐体にキズを付けてしまいます。ですので自分はプラスチック製のヘラを使ってこじ開けています。おそらく他の同業者の方も同じようなものを使われていると思います。

それでも力の入れ方によってはキズを付けてしまう場合がありますので細心の注意が必要です。

ですのであまりパソコンの分解等経験がない方はご自分で分解する事はおすすめ出来ません。

話を修理に戻して。

キーボードも外してパームレストパネルからマザーボードに接続されているフレキシブルケーブルをすべて外してマザーボードを露出されます。

__1_5

そして問題のハードディスクへ接続されているフレキシブルケーブルは右下のカラフルなケーブルです。

確認してみると

___13

写真では分かりづらいですがやはりコネクタ部分の左側が少し浮いています。

ケーブル自体は幸い傷は見当たりません。

おそらくマイナスドライバーでこじっている際にマイナスドライバーがコネクタ付近に当ててしまい少し浮く事になってしまったのでしょう。

コネクタをしっかり挿し直します。

___24

そのまま元に戻して電源を入れます。

___35

無事ハードディスクも認識してWindowsが起動しましたね。

今回は幸いケーブル事態の断線はなかったので早く終わりましたが、もし断線していたら骨が折れるところでした。

今回はお客様が分解した際に起こったトラブルでした。

もしご依頼前に分解したりその他ありましたら正直にお話ください。

当社はメーカーではありませんので分解しようが改造しようが何も言いませんので(^^;

結果その方が診断が早い場合がありますのでよろしくお願い致します。

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

石川県内のパソコン修理・トラブルサポートはPCRサービスまで!!

お問合せはこちら

|

« NEC Valuestar画面が真っ暗で起動せず。 | トップページ | 富士通 FMV-BIBLO NF/G40 画面真っ暗で起動しない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185928/55681587

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝 Qosmio V65/86LS ハードディスクが認識しない「Insert system disk in drive」:

« NEC Valuestar画面が真っ暗で起動せず。 | トップページ | 富士通 FMV-BIBLO NF/G40 画面真っ暗で起動しない。 »