« eMachines E729Z-N24C 「File Restore」に感染。(悪性パーティション付き) | トップページ | 富士通 NF/E40 電源ランプは点灯するが起動しない。(リフロー修理) »

2012年11月22日 (木)

Lenovo ThinkPad G50 「次のファイルが存在しないかまたは壊れているためwindowsを起動できませんでした。」

本日はWindowsの起動しないノートパソコンです。

問題のパソコンはLenovo ThinkPad G50 WindowsXPです。

G50_002

電源を入れると

G50_001

次のファイルが存在しないかまたは壊れているためwindowsを起動できませんでした。
<windows root>\system32\hal.dll.
上記のファイルをインストールし直してください。

このメッセージは以前も対応したことがありますがハードディスク不良boot.iniファイルの破損が多いようです。以前対応したのはboot.iniファイルの破損でした。

まずハードディスクの状態をチェックします。

G50_006

ディスクを取り出してメンテPCに接続。

G50_007

状態を確認すると

G50_010

やはり不良セクタがあります。ハードディスクの不良のようです。

冷却しながらTureImageでデータのバックアップ。

G50_013

しかしやはりエラーが出てバックアップ出来ず。

G50_0111

仕方がないのでそのまま不良セクタの修復作業です。

時間はかかりましたが何とか450個ほどの不良セクタを修復。

G50_016

その後再度TureImageにてデータをバックアップ。

G50_018

今度はバックアップ成功。

バックアップしたイメージファイルを新しいハードディスク復元しデータを移行。

うまくいけばこれだけで起動してくれるはずですが・・・。

G50_019

そんなに甘くはありませんね・・・。

しかし今度はエラーメッセージが少し変わりました。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため Windows を起動できませんでした Windows\system32\config\system

今度はsystemファイル(レジストリ)が壊れているようです。

ですので手動でバックアップファイルに置き換えてみました。

すると今度は

G50_024

ブルースクリーンです。

番号はSTOP:0x0000007Eです。

なかなか一筋縄ではいきません。

試しに全ての復元ポイントを試して見ましたがダメ。

やはりブルースクリーンです。

こうなるとリカバリしかありません。

データはバックアップ済みですので「リカバリメニュー」を起動してみました。

するとLenovo純正??のバックアップファイルが存在します。

ダメモトでそのバックアップファイルから復元をかけてみると

G50_034

11111

無事Windowsが起動してくれました。

これでインストールされたソフトや設定などはそのままです。

後はバックアップした個別のファイルを戻して修理完了です。

最悪の場合はリカバリまで必要なケースもありますが今回はメーカーのバックアップファイルがあったので助かりました。

ハードディスク交換、ファイル修復 ¥22,000-

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

パソコン修理・トラブルサポートはPCRサービスまで!!

宅配修理もお受け致します。PCRサービス宅配修理サービス

お問合せはこちら

|

« eMachines E729Z-N24C 「File Restore」に感染。(悪性パーティション付き) | トップページ | 富士通 NF/E40 電源ランプは点灯するが起動しない。(リフロー修理) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185928/56167239

この記事へのトラックバック一覧です: Lenovo ThinkPad G50 「次のファイルが存在しないかまたは壊れているためwindowsを起動できませんでした。」:

« eMachines E729Z-N24C 「File Restore」に感染。(悪性パーティション付き) | トップページ | 富士通 NF/E40 電源ランプは点灯するが起動しない。(リフロー修理) »