« 富士通 FMV ESPRIMO D5260 電源が入らず起動しない。 | トップページ | Disk Antivirus Professionalの駆除。 »

2013年2月11日 (月)

自作パソコン ハードディスク障害からのデータ復旧。

本日のトラブルはデータ復旧のご依頼です。

金沢市の福久からお持込頂きました。

問題のパソコンは自作パソコン WindowsVistaです。

Img_4296

電源を入れると

Img_4300

「Error loading operating system」

ハードディスクが壊れているようです。

しかも状況としてはかなり深刻そう。

今回は修理はせずにデータ復旧のみのご依頼です。

早速ハードディスクを取り出します。

Img_4301

Img_4302

メンテPCに接続すると幸いにもディスク自体は認識してくれました。

そしてパーティションも表示されましたので開こうとすると

Img_4303

いつものドライブエラーです。

フォーマットなどする訳ないので「いいえ」を押してキャンセル。

データ復旧ソフトでパーティションを解析。

Img_4348

何とかデータの解析が終わって無事お目当てのデータも取り出し出来ました。

ハードディスクに障害があるデータ復旧に関しては本当にやってみないと分かりません。

簡単に取れると思っても取れなかったり、逆に厳しそうかなと思ってもあっさり取れたりします。

最近のパソコンのハードディスクは以前と比べて容量がかなり多くなっています。それに伴ってデータ量も当然増えています。

昔の80GB程度が標準だった頃と比べると今では普通に500GBや1TBのハードディスクが搭載されています。

当然80GBのハードディスクからデータ復旧する場合と1TBのハードディスクからデータ復旧する場合は単純に手間も時間も10倍以上かかります。

そういう意味では年々データ復旧の難易度は上がっていますね。

データ復旧基本料 ¥10,000-

データ復旧追加料(HDD障害あり、200GB) ¥20,000-(当社上限価格)

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

パソコン修理・トラブルサポートはPCRサービスまで!!

宅配修理もお受け致します。PCRサービス宅配修理サービス

お問合せはこちら

|

« 富士通 FMV ESPRIMO D5260 電源が入らず起動しない。 | トップページ | Disk Antivirus Professionalの駆除。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185928/56730595

この記事へのトラックバック一覧です: 自作パソコン ハードディスク障害からのデータ復旧。:

« 富士通 FMV ESPRIMO D5260 電源が入らず起動しない。 | トップページ | Disk Antivirus Professionalの駆除。 »