« NEC Mate Windowsが起動しない。 | トップページ

2018年10月 3日 (水)

iMac A1225 電源が入らない。

本日は電源が入らないMacの修理です。

問題のパソコンはiMac A1225。

180930105642_r

電源ボタンを押しても全く反応がありません。

お客様のお話では、しばらく使用しておらず久しぶりに電源を入れると最初は入りずらかったとの事。

そのうち全く入らなくなったとの事です。

電源が入らない場合考えられるのは電源ユニットとロジックボード。

ただ今回の場合は経緯からすると電源ユニットが怪しそうです。

お客様の方ではご予算がありまして高額になるようであれば諦めるとの事です。

早速分解します。

iMacは液晶パネルを外してロジックボードや電源ユニット等が現れます。

180924120048_r

180924123912_r

180928094902_r

真ん中の上のハードディスク左にあるのが電源ユニット。

180925170601_r

テスターで電圧を測定すると

180925170739_r

全く出ていません。
電源ユニットが原因で間違い無さそうです。
 
通常では電源ユニットの交換となるのですがMacの場合Windowsと違って部品代が引くほど高額になります。
Macのパソコン自体高額なのでそんなものと言われればそうなのですが・・・。
 
基本的に電源ユニットの不良原因の8割は電解コンデンサの不良で後の2割はmosfetやダイオードです。
特に電解コンデンサは消耗品ですので破損率が高くなります。
今回は電源ユニットの修理で作業進めさせて頂きました。

180924124949_r

外した電源ユニット。
目視で確認していくと

180924133720_r

写真ではちょっと分かりづらいですが頭の膨れたコンデンサがあります。
これは容量抜けなどして使えないので新品に交換します。

180924133901_r

試しに交換してテスターでチェックしましたがやはり通電しませんでした。
次に見た目は正常ですが容量やESR値に異常のあるコンデンサが無いかチェックします。
ひとつひとつ半田ごてで外しながらチェックして問題無ければ戻しての地味な作業を繰り返します。

180928100331_r

いくつか外していくと容量は正常ですがESR値の高いコンデンサが見つかりました。

180928110112_r

これは明らかにおかしいので交換します。
他にも数値の怪しいコンデンサがいくつか見つかり全て交換させて頂きます。
 
ちなみにESRの抵抗は低い程正常です。
ESR抵抗はコンデンサが温まれば低くなり逆に冷えれば高くなる性質があります。
 
夏場は大丈夫だけれど冬場に不安定になったり電源が入りにくくなる場合は電源ユニットやマザーボードの電解コンデンサ不良の可能性があります。
 
怪しい電解コンデンサをすべて交換。

180930105629_r

そして元に戻すと

180929130738_r

今まで消えていたロジックボードのLEDが点灯しました。
液晶パネルを戻して仮組で電源を入れると

180929131541_r

Macの起動音が鳴り無事起動しました。
その後、すべてのパーツを元に戻して起動。

180929133019_r

念の為、1,2日様子を見てお客様にご返却させて頂きました。
 
iMac A1225 電源ユニット修理(電解コンデンサ交換) 14,000円(部品代、税込)

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

この記事のトラブルは??

Br_3

Image2525
クレジット決済もOK!!

宅配修理もお受け致します。PCRサービス宅配修理サービス

お問合せはこちら

|

« NEC Mate Windowsが起動しない。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185928/67230941

この記事へのトラックバック一覧です: iMac A1225 電源が入らない。:

« NEC Mate Windowsが起動しない。 | トップページ