« CHUWI CoreBox ミニPC 電源が入らない。 | トップページ | USBメモリの端子破損。データ復旧。 »

2021年10月27日 (水)

NEC LS150/N 電源ランプは点灯するが画面が真っ暗で起動しない。

本日はタイトル通りのトラブルです。

210929145603_r

NECのPC-LS150NSWでしばらく使っていなくて久しぶりに使おうとしたら画面が真っ暗で起動しないとの事です。

早速電源を入れてみます。

210929145606_r

210929145611_r

210929145618_r

確かに電源ランプは点灯し通電しますが画面は真っ暗で起動しません

FANも最初だけ回ります。

HDDのアクセスランプも点滅しませんので液晶不良などの画面不良ではなくBIOSすら起動していないようです。

念の為、外部モニターに接続しても表示は無し。

Img_20210929_150435

安定化電源でアンペアを測定しても0.3アンペアで止まってしまいます。

全く起動していないようです。

考えられる原因としてはメモリ不良やCPU不良、あるいはマザーボード不良です。

メモリ不良や接触不良のケースも多いのでそれであれば簡単です。

お客様としては最悪データだけでも復旧して欲しいとの事なのでまずはHDDを取り出してチェックとデータ復旧。

210930133612_r

210930133902_r

取り合えずHDDは異常なし。

210930134029_r

必要なユーザーデータのバックアップを取ります。

最低限の仕事は終わりましたので修理可能かみてみます。

まずメモリの交換やスロットの変更を行いましたが症状は改善せず。

メモリの問題では無さそうです。

次にCMOSクリア。

Img_20211001_112111

電圧も問題ありませんしCMOSクリアしても改善しません。

次にCPUを交換してみます。

Img_20210929_150636

同じCPUに交換してみましたがやはり症状は改善されません。

CPUの不良でも無さそうです。

そうなると原因はマザーボード。

ふつうはメーカーでマザーボード交換か中古のパーツのマザーボード交換なのでしょうがそれでは金額が高くなってしまいます。

当店では可能な限りマザーボード自体の修理を行っております。

何でも直ると言う訳ではございませんが修理不可と言われたり高額な修理見積を提示された場合はご相談下さい。

今回はおそらくメモリやCPUのラインで不具合が起きているかBIOSが壊れている可能性があります。あとチップセットの半田クラックも考えられます。

お客様に修理成功時の金額をご了承頂き作業開始です。

まずはマザーボードを取り出します。

211001111752_r

Img_20211001_112902

Img_20211001_113908

マザーボードを取り出しました。

各ラインの電圧をチェックします。

211001114032_r

211001114035_r

211001114125_r

211001114145_r

211001114030_r

211001114025_r

211001114127_r

211001114107_r

3.3V、5V、1V、1.5Vは問題ありません。

ところが。。。

211001114200_r

211001114206_r

CPUだけ電圧が全く出ていません。

これが原因のようです。

CPUに電圧がありませんので当然CPUが機能していませんからBIOSも起動しません。

CPU付近は一番熱を持ちますのでチップが壊れやすい場所です。

マザーボード不良の場合、ノートパソコンやデスクトップパソコン問わずCPU周りの故障は結構多いです。

まずCPUラインに19Vが来ているか見てみます。

CPUに並んでいるmosfetはローサイドmosfetです。

ハイサイドmosfetはちょうど裏側にフェーズごとに3個並んでいます。

Img_20211001_114757

一つ一つ確認していきます。

211001114926_r

Img_20211001_114934

1個目はOK。

211001115001_r

211001115008_r

2個目は1V??

211001115032_r

211001115029_r

3個目も1V??

さかのぼってみてみると2個目と3個目は同一ライン上でヒューズに繋がっています。

211001115727_r

ヒューズ電圧を測定すると

211001115733_r

入力は19V来ていていますが

211001115737_r

Img_20211001_115619

出力は約1V。

Img_20211001_115816

Img_20211001_115831

抵抗を測定するとヒューズは切れかかっています。

19V入力されていないのはこれが原因です。

という事はこの先にヒューズを切らしたショートなどの原因があると思われます。

このヒューズ以降の19Vラインとグランド間の抵抗を測定。

Img_20211001_115907

Img_20211001_115910

Img_20211001_115915

ちょっと低いような気はしますがこれといったショートは確認出来ません。

単にヒューズが切れかかっただけなのでしょうか。。

不思議に思いながらいろいろと抵抗値を測定していたら先ほど問題なかった個所からいきなりショート反応が出ました

何度か測定していると時々ショート反応が出るようです。

おそらく完全にショートしているわけではなくショートしかかったチップがあるようです。

完全にショートしていないと探すのもが難しいので少し乱暴ですが完全にショートさせてみます。

先ほどの19Vラインのヒューズからグランドにかけて電圧をかけ徐々に電圧とアンペアを上げていきます。

Img_20211001_125437

すると4V過ぎたあたりから電気が流れだし完全にショートしました。

早速発熱個所を確認すると

Flir_20211001t125845

真ん中のmosfetとタンタルコンデンサが発熱しています。

積層コンデンサのショートと思っていたので意外でした。

タンタルコンデンサは電圧をかけた時に道連れに壊してしまったかと思いましたが、よく考えるとCPUは外していましたのでタンタルコンデンサが生きていればmosfetがショートしてCPUラインに繋がってもショート反応は出ないなず。

おそらくmosfetがショートしかけた時にタンタルコンデンサが完全にショートし過電流でヒューズを切らしかかったのではないかと思われます。

タンタルコンデンサがショートしていたのでmosfetがショートしCPUラインに流れ込んだ時、グランドとショート反応が出たのではないかと思われます。

とにかく3つ壊れていますので交換が必要です。

しかし在庫ボックスを探しても代わりのmosfetが見つかりません。

取り寄せるとかなり時間がかかります。

ドナーになるマザーボード置き場をあさっていると奇跡的に全く同じマザーボードが見つかりました。

Img_20211001_132540

Img_20211001_132545

これを移植します。

念の為、ヒューズ、mosfet、タンタルコンデンサが正常な事を確認。

Img_20211001_131043

まずはmosfetとタンタルコンデンサを交換。

Img_20211001_140121

Img_20211001_140133

ショートが改善したことを確認。

Img_20211001_140311

Img_20211001_140421

さらに9Vまで電圧をかけてショートしない事を確認。

Img_20211001_140536

他に見落としがあり貴重なヒューズをまた切らしたくないので、仮にブリッジして電源を入れてみます。

Img_20211001_141150

Img_20211001_141203

CPUラインの電圧も1.1V復活しました。

後はヒューズも移植して仮組で電源をオン。

Img_20211001_144828

無事BIOSも起動するようになりました。

CPUは問題なかったようです。

Img_20211001_151439

今回交換した部品はこの3つ。

後は全て元に戻します。

Img_20211001_153639

Windowsの起動も確認。

大事なデータもそのままです。

今回CPU周辺の不具合だったので念の為、CPUの負荷テストを行い問題無い事を確認して修理完了です。

マザーボード修理 18,000円(部品代、税込み)

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

この記事のトラブルは??

Br_3

 

Image2525
クレジット決済もOK!!

宅配修理もお受け致します。PCRサービス宅配修理サービス

 

 

お問合せはこちら

|

« CHUWI CoreBox ミニPC 電源が入らない。 | トップページ | USBメモリの端子破損。データ復旧。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CHUWI CoreBox ミニPC 電源が入らない。 | トップページ | USBメモリの端子破損。データ復旧。 »