« CPUファンを固定するリテンション破損。 | トップページ

2022年8月28日 (日)

NEC LS150/S ジュースをこぼして電源が入らない。データ復旧とマザーボード修理。

本日はタイトル通りのご依頼です。

ジュースをこぼしてからすぐにお持ち込み頂きました。

220620140651_r

問題のパソコンはNECのLS150/S。

電源ボタンを押しても全く反応しないとの事です。

飲み物によるダメージは通電すると悪化させる可能性もありますのでその場で症状の確認は行いません。

お客様からは最悪パソコンは直らなくてもいいのでデータを復旧して欲しいとの事です。

早速お預かりしてデータ復旧の為にハードディスクを取り出します。

220620140939_r

通常ハードディスクまで混入しているケースは少ないのですが今回はしっかりかぶっています。

まずはハードディスクを取り外します。

220620143331_r

220620143405_r

保護フィルムを外して確認すると内側にはほとんど被害が無さそうに思います。

エタノールで洗浄し大丈夫そうですが、念の為基盤を外して裏側も確認してみました。

220620143454_r

220620143500_r

危なかったです。

裏側にしっかり混入しておりました。

すぐに洗浄し戻してメンテPCに接続。

220620144912_r

無事ハードディスクが認識してデータの復旧が完了しました。

取り合えずデータは確保しましたので今度は分解しマザーボードを見ていきます。

220620150943_r

220620151124_r

220620151126_r

220620151129_r

220620151636_r

分解過程で色々チェックしましたが所々に混入しています。

保護フィルムの間にも混入しています。

220620154048_r

クリーニングしながら分解し、ようやくマザーボードを取り出しました。

220620151948_r

 

220620151945_r

220620151953_r

220620152001_r

220620152006_r

細かく見てみると思った以上にジュースが混入しておりホコリと混じってショート状態です。

220620152400_r

全て洗浄します。

乾いたらダメージ個所のコンデンサやヒューズ、抵抗などをテスターでチェック。

取り合えずはショートしたコンデンサや切れたヒューズなども無さそうなので仮組で電源を入れてみます。

220620155041_r

すると電源は入りましたが画面は真っ白です。

液晶の電源ラインに問題がありそう。

220620155256_r

LCDVDDラインのレギュレーターの電圧を測定。

220620155217_r

220620155222_r

入力端子は3.3V来ていますが出力は0Vです。

各端子の抵抗を測定しましたがショートは無さそう。

うる覚えですがイネーブルピンにも電圧は来ていたと思うのですがレギュレーターも壊れてしまったのでしょうか?

試しに入力端子と出力端子をピンセットでショートさせると

220620155515_r

220620155512_r

ホワイトアウトが改善します。

しかし画面には一切何も表示されていません。

画面表示の問題だけかと思いましたがどうやらBIOSも起動していないようです。

これだけ混入していたら洗浄だけで直るほど甘くはないですね。。。

その後詳しく調べるとバッテリーを装着した時やUSBポートにキーボードなど接続すると電源すら一切入らない事が分かりました

やっぱり何か変ですね。

再度マザーボードを取り出して各電圧を測定。

3.3Vと5Vは正常に出ています。

ところが、電源を入れると5Vが消失してしまいます。

メモリやチップセット、CPUも電圧が出ていません。

5Vラインに問題があるというよりは他が原因で5Vを消失させている感じです。

再度詳しくダメージ個所を調べていると写真を撮り忘れましたが電圧が下降しているコンデンサがありました。

そのコンデンサに繋がるICがあり型番から調べてみると、どうやら高電圧に変換する昇圧コントローラICのようです。

Img_20220625_105859

Img_20220625_105850

バッテリー関係のICのようで問題のコンデンサはVOUTに繋がっています

1.5倍の昇圧コントローラなので20Vの1.5倍で30V出力されないとおかしいです

しかし今は10V辺りから下降してしまっています。

問題のICを外してみました。

220624155307_r

するとVOUT端子のパターンが途中から剥離してしまっています。

220624155702_r

残ったパターンとコンデンサの導通を測定すると当然繋がっていません。

これが原因のようです。

そこでコンデンサとICの端子を直接繋ぐことにしました。

220624160241_r

エナメル線をコンデンサに繋ぎもう片方を残ったパターンに接続。

220624160657_r

その後、レジストを塗布して保護。

再度外したICを取り付けます。

220624161251_r

そして電圧を測定すると

220625110241_r

無事30V復活しました。

昇圧コントローラーは無事だったようです。

確認出来ましたので細かいところの端子はハンダで補修。

そして各電圧を測定。

Img_20220624_161815

Img_5216

Img_20220624_161823

Img_5217

Img_20220624_161834

Img_5218

Img_20220624_161905

Img_5219

Img_20220624_161914

Img_5220

全て問題無さそうです。

再度仮組で電源を入れると

Img_20220624_163339

無事メーカーロゴも表示されました。

液晶電源ラインの不具合も昇圧コントローラICの断線が原因だったようですね。

バッテリー接続やUSB接続も問題ありません。

後は全て戻してWindowsの起動も確認。

220624170307_r

 

Img_20220624_170240

キーボード不良が心配でしたが無事正常に入力出来ます。

ノートパソコンの場合キーボードカバーの使用をお勧めします。

汚れ防止の他に飲み物をこぼした時も結構混入を防いでくれますから。

最後に念のためWifiやサウンドテストなど行って全て問題ないようなので修理完了です。

データ復旧、マザーボード修理 25,000円(税込)※修理作業当時の価格となります。

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

この記事のトラブルは??

Br_3

 

Image2525
クレジット決済もOK!!

宅配修理もお受け致します。PCRサービス宅配修理サービス

 

 

お問合せはこちら

 

|

« CPUファンを固定するリテンション破損。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CPUファンを固定するリテンション破損。 | トップページ