« ELECOM ELD-CED010UBK 認識しない。スピンドルモーターも回らない。 | トップページ | HP 15-cx0107TX ゲーミングパソコン 電源が入らない。 »

2023年10月30日 (月)

Lenovo ideapad 320S-13IKB 電源が入らない。

本日は電源が入らないLenovoのノートパソコンideapad 320S-13IKBの修理依頼です。

New-013_20231030094301
埼玉県から宅配でご依頼いただきました。

Img_20230723_103114
最近同様のご依頼が多い機種でマザーボード不良が多いです。
地元の修理店で見てもらったところマザーボード交換で10万円の見積もりを提示されて修理を諦めていたとの事。
ネットで当店を知りダメもとでご依頼頂きました。

昔のマザーボードは、CPUを取り外せるタイプだったので、マザーボード交換した場合、マザーボードのみの料金で交換ができました。
しかし今のマザーボードはCPUも実装されてしまっていますので、マザーボードのみ交換はできません。
今回のようにマザーボードの破損で交換が必要になった場合は、マザーボードとCPUの両方交換となりますので、メーカー修理等で交換料金が10万円を超えるケースがあるのはそのためです。
修理料金のことを考えると、今まで以上にマザーボードの交換ではなく修理の重要性が増しているように思われます。

依頼書の内容としましては、使用中に、突然電源が落ちてしまい、それ以降全く通電しないとの事です。

230723103117_r

電源ボタンを押してもランプは点灯しません。

230723103148_r

充電ランプも点灯無し。

念の為、ACアダプタの電圧をチェック。

230723103301_r
20Vしっかり出ています。

経緯からすると、マザーボードの内部ショートが起こっている可能性が高いです。

230723103215_r
安定化電源に接続しても一切通電していないことがわかりますし安定化電源でも当然電源も入りません。
この場合20Vラインでショートしている、もしくは20Vラインのかなり早い段階で電圧がカットされている可能性が高いです。
早速分解して確認してみます。

取り合えずマザーボードを露出させて20Vラインの電圧をチェック。

230723105729_r

230723110402_r
やはり電圧が全く出ていません。
マザーボードを取り出して詳細にチェック。

230910124518_r

まずは20Vラインとグランド間の抵抗を順に調べていきます。
DCジャックからの一番目のmosfetをチェック。

Screenshot-20230910-125947_r

右が1番目のmosfetです。

入力のドレインはまではショート無し。

Screenshot-20230910-125951_r

出力側のソースもショートは無し。

Screenshot-20230910-125958_r

しかし2番目のmosfetの出力側から一気に8.1Ωまで抵抗値が下がってしまっています。

Screenshot-20230910-130006_r

その先の抵抗を抜けるとさらに2.9Ωまで低下。

結果はやはりこの先のどこかでショートしてしまっています。
電源が入らない原因はこれです。
次に目視で破損したチップがないか確認します。
拡大して見てみましたが、目視では破損チップなど見つけられませんでした。


この場合、20Vラインとグランドの間に低電圧を流して発熱箇所を探します。
ショートとしているチップがある場合は若干の抵抗が残りますのでそこで発熱。結果破損したチップはそれで分かります。


念のため、20Vラインから他のラインにショートしていないか、各ラインの抵抗値と20Vラインの抵抗値を比較します。
もし、他のラインへショートしている場合は、電圧をかけると、そのラインのICも壊してしまう可能性もあります。

特にCPUのラインは元々抵抗値がかなり低いので間違って電圧をかけるとCPUも破損させてしまう可能性があります。

Screenshot-20230910-130038_r

Screenshot-20230910-130055_r

Screenshot-20230910-130102_r

Screenshot-20230910-130112_r

Screenshot-20230910-130115_r
抵抗値を測定した結果、CPUラインは10Ωと低いですが2.9Ωほどではないので既定の抵抗値と思われます。

どうやら他の電圧ラインへショートしているわけではなさそうです。

となると抵抗値からすると20Vラインとグランドに直接またがっているバイパスコンデンサがショートしてしまっている可能性が高そうです。

そこで20Vラインとグランドの間に低電圧をかけます。

230910130631_r

すると、微妙に発熱している箇所を発見。

230910130652_r

周辺を調べてみると20Vラインのバイパスコンデンサが複数あります。

Screenshot-20230910-131125_r

Screenshot-20230910-131129_r

IPAを付けて気化反応を見てみるとコンデンサーが発熱してることがわかりました。

上からはクラック痕などは確認出来ませんが、これがショートしたコンデンサのようです。


早速取り外して調べてみます。

Screenshot-20230910-131344_r
問題のコンデンサを外すと20Vラインのショートが収まりました。

これが原因で通電しなかったようです。


同じラインの正常なコンデンサを外し容量を測定。
在庫の同じ規格のコンデンサに交換。

230910142224_r
仮組みで電源を入れると無事通電し、BIOSも起動してくれました。

念のため、同じラインのコンデンサも複数交換します。
理由は同じ20Vラインなので、同じだけ劣化しています。
ショートしたコンデンサーだけ交換した場合は、他のコンデンサもすぐにショートして再発してしまう可能性があるからです。

Img_20230723_120043

交換を終えると再度組み上げて改めて電源オン。
無事Windowsも起動しデータも無事のようです。

最近、この世代のマザーボードのコンデンサも壊れるケースが多くなっています。

当店ではメーカーや他の修理店でもやらないマザーボード修理も対応しておりますので、同様のトラブルでお困りの際はご相談ください。

マザーボード修理 23,000円(部品代、税込) ※修理作業当時の価格となります。

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

この記事のトラブルは??

Br_3

 

Image2525
クレジット決済もOK!!

宅配修理もお受け致します。PCRサービス宅配修理サービス

 

 

お問合せはこちら

|

« ELECOM ELD-CED010UBK 認識しない。スピンドルモーターも回らない。 | トップページ | HP 15-cx0107TX ゲーミングパソコン 電源が入らない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ELECOM ELD-CED010UBK 認識しない。スピンドルモーターも回らない。 | トップページ | HP 15-cx0107TX ゲーミングパソコン 電源が入らない。 »