« Apple MacBookPro A1706 キーボード交換修理。 | トップページ | NEC NS600/M電源が入らない。 »

2024年2月24日 (土)

Lenovo ideapad5ヒンジ破損で開閉出来ない。

金沢市内からヒンジが破損して開閉困難なLenovoのノートパソコンideapad5お持ち込み頂きました。

230820101353_r 

230820101355_r

液晶パネル側の左のヒンジが全て外れて開閉が困難な状況です。

ヒンジ破損の場合ヒンジ自体が破損するわけではなく厳密にはヒンジとトップカバーを接続しているナット固定のプラスチック部分が破損して外れてしまい開閉出来なくなります。

ヒンジにはかなり負担がかかりますので非常に多いトラブルです。

中でも圧倒的に多いのはLenovoのノートパソコン

全体の割合で言うと約9割がLenovoのノートパソコンです。

筐体のプラスチックの強度が低いのか機種に限らず圧倒的に多いです。

この状態で開閉するとし続けるともう片方のヒンジの抵抗が液晶パネルに伝わってしまい液晶パネルが割れてしまう事がありますので無理に開閉せず早急に修理をお勧め致します。

この場合の修理方法は

  1. トップカバーごと交換。
  2. トップカバーに穴を開けてヒンジとトップカバーをボルトとナットで直接接続。
  3. プラスチックパテで補修

の3つです。

当店でご利用頂くお客様は圧倒的に2番のボルトナット修復を選ばれる方が多いです。

メリットとしては

  • トップカバーを交換する必要がないので、安価に修理できる。
  • トップカバーの交換が必要ないので、ほとんどのノートパソコンで施行できる
  • ボルトとナットで固定するため強度があり再発がない
  • 部品の取り寄せが必要ないので早く修理が出来る。

逆にデメリットとしては

  • シンプルに見た目が無骨になる

トップカバーごと交換は納期も部品代もかかります。

プラスチックパテでの修復は強度に限界がある為、再発のリスクがあります。

これらの理由でボルトナットでの修復が一番多いです。

今回のお客様もボルトナットでの固定でご依頼頂きました。

早速分解して修復致します。

230820101931_r

まずは底面カバーを外してバッテリーを外します。

230820102418_r

その後液晶ユニットごと取り外します。

230820102534_r

液晶パネルのベゼルを取り外します。

230820103053_r

230820103101_r

問題のヒンジか所ですがナットを固定しているプラスチックが全て破損して外れてしまっています。

230820103452_r

トップカバー3か所に穴を開けます。

230820104826_r

ヒンジ金具側からボルトを通してトップカバー側にナットで固定。

230820110710_r

あとは外したベゼルを新しい両面テープに交換して戻します。

230820111750_r

230820111808_r

230820111817_r

無事開閉出来るようになりました。

最後に余ったボルト部分を研磨して均します。

230820113735_r

230820114638_r

230820114749_r

230820114824_r

これで修理完了です。

見た目が少し無骨になりますので気になる方はトップカバーごと交換する事も可能です。

その場合料金が高くなるのと取り寄せの為、納期がかかります。

パテでの修復は再発のリスクが高いのであまりお勧めは致しません。

ご要望があればご相談下さい。

ヒンジ修理 12,000円(税込)※修理作業当時の価格となります。

人気blogランキングに登録しました。クリックご協力ください。

人気blogランキングへ

この記事のトラブルは??

Br_3

 

Image2525
クレジット決済もOK!!

宅配修理もお受け致します。PCRサービス宅配修理サービス

 

 

お問合せはこちら

 

|

« Apple MacBookPro A1706 キーボード交換修理。 | トップページ | NEC NS600/M電源が入らない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Apple MacBookPro A1706 キーボード交換修理。 | トップページ | NEC NS600/M電源が入らない。 »